2011年11月15日

総理大臣の器ではなかった?


野田佳彦首相が交渉参加の方向を打ち出したことは60・7%が評価したが、政府の説明不足や首相の指導力のなさ、あいまいな記者会見に批判が集まり、野田内閣の支持率は42・4%と、前回(10月1、2両日)調査から13・6ポイントの急落となったと報じられています。

これは同総理が選出される経緯を見たらある程度は想像できた事です。今の政権与党は自分達議員が生き残る為に一番確率の高い人間を消去法で選んだのが同総理だからです。

国民の代表が政治の場に出て、その代表がさらに代表を選ぶのですがそこには国民の意見はあまり反映されない形になっている様な気がします。

玉虫色のような発言行動を繰り返す我が国の首相は世界各国、特にアメリカ相手にきちんと自国の利益を守る為に主張をしてくれるのでしょうか。そもそもどういった方向性をもってTPPに臨むかすら見えてこない状況で、旗色や世論の風向きを見て判断しようという意識が見えてきます。

TPPに関しては賛成、反対色々な意見があります。当然ですがそれぞれの人の置かれている立場や状況がまるっきり違うから違う意見が出て当然ですが、どうもマスコミ各社は真実を正しい方法で公表していないような感じも見受けられます。今ではネットなどで情報収集できるので新聞やテレビなどに洗脳される事は少なくなりましたが、それでも未だに影響力が大きい事は事実です。今後の動向には目が離せない状況と言えるでしょう。
posted by mannmaa at 23:51| 経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

3日並んで購入する魅力的な製品という事


iPhone 4Sを世界で最初に手にしたのはオーストラリアのアップルファンたちだった。シドニー(Sydney)のアップル旗艦店では、行列を作って発売を待っていた数百人がスタッフに拍手や歓声で迎えられるなど、まるでお祭りのような騒ぎだった。

最初にドアをくぐったのは、3日前から並んでいたというシドニー在住のトム・モスカさん(15)という事だそうでその根性を感じる精神には驚きを感じます。

最近でもこういった長蛇の列を生み出す人気商品というのは無かったと思います。よく、百貨店の福袋などのニュースを見て長時間並んでいる人を見た時には「良く頑張るものだ」と思った事を思い出します。

しかし、多くの媒体で評価されている通り、iPhone 4Sの性能はかなり評判が良いみたいです。日本のメーカーなども現時点ではブランド力も機能的な面でも後塵を拝している状態と言えそうですが今後の市場的な利権なども絡んでくるだけに頑張って欲しいものです。

個人的にはまだスマートフォンは必要性を見いだせていません。実際に購入して使用すれば手放せなるかもしれませんが現状は無くても支障がないです。というか携帯電話自体もそれ程頻繁にすべての機能を利用しているわけでもないからおそらく世間一般の人から比べるとそういった面では遅れていると言わざるを得ないかもしれません。
posted by mannmaa at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

子孫を残す意思は尊いものか?


ブラジルで、61歳の女性の妊娠を機に、高齢出産の上限年齢をめぐる論争が広がっているようです。個人的には詳細が分からないの何とも言えないですが、子孫を残す事が自分が生きたあかしを残す大きな選択肢という事を考えれば母子ともに危険な状況にならないのであれば賛成の立場に立ちたいです。

日刊紙オ・グロボ(O Globo)によると、既に閉経を迎えていたこの女性は、38歳の男性と結婚。夫婦ともに子どもを望んだことから、卵子提供を受けて初めての子を妊娠し、11月に出産予定だという。妊娠前の健康診断の結果は非常に良好だったという。生まれてくる娘には、卵子提供による出産だったことは明かさないつもりだそうだそうです。

しかし、冷静に考えれば問題も多いです。無事に出産が終えたと仮定しても子供が育つと10歳のときには母親がすでに70歳を超えているのです。二十歳になった時には健康で母親が存在しているかどうかも微妙と言えるかもしれません。

そう考えると肉体面でも子育ては大変であり、辛い事が多いと予想されます。しかし、良い事は多分子育てに奔走していればそれだけ若々しさが保てる可能性もあるという事です。

多分その場合は同世代の人と比べても実感できる事と言えそうです。将来的にはどうなるかわかりませんが、個人の意思を最大限に尊重して欲しいものです。
posted by mannmaa at 23:11| 経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。