2011年09月21日

見逃さないようにしたい真実


かなり衝撃的で内容が気になるタイトルのニュースですが、日本でもHIVに関しての症例は恐らく増加しつつあると思います。しかし、一般的にはあまり話題にはなりません。多分、それは日本では圧倒的に感染している方の数が少ないからでしょう。

ところが南アフリカは世界で最もヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者数が多い国で、人口5000万人のうち538万人がHIVに感染している一文が今回引用させて頂いた最後の文に記載されているではありませんか。

もともと南アフリカはHIVに感染している人が多いという事はなんとなくニュースなどで知っていましたが、改めてその数を示されるとやはり脅威を感じます。

日本では乱れた性の状況でも無い限り、恐らくそういった感染の危険性はまだ低いと思います。少なくとも自分の周囲にはそういった事を聞かないからです。もしかしたら、本当は黙って誰にも言っていない人がいらっしゃるかもしれませんが。また、薬害などで感染された方などもいらっしゃるかもしれません。大変残念な出来事です。

一方、南アフリカは約10%の方が感染している状況なのです。10人に一人。これは驚異的な数字です。現在の所、有効で完治まで至る治療法は確立されていない以上、恐ろしい病気の一つである事は間違いないです。

安易な行為で自分自身の生活と人生が制限される事の内容に、知識的な面での情報収集と節度を守った行動で自分自身の健康を守らないといけないかもしれません。
posted by mannmaa at 23:40| 健康関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

日本でも心配?健康診断の事情


健康診断は重大な病気の早期発見に大きな期待が持てます。自覚症状があるような病気ならば身体の異変を感じて病院なり、医師の診断を仰ぐでしょう。

しかし、意外と自覚症状が少なくなおかつ重大な病気にかかる事も少なくありません。健康診断は会社勤めである程度の規模の企業ならば定期的に行っているものです。

診断結果に異常値があれば精密検査を促されますが、ほとんどの場合は強制ではありません。仕事がハードで忙しい人ほど休みを取り精密検査などを行うものを嫌がるものです。

自分自身が健康な身体を失って初めて健康のありがたみを知る事も多い事も事実です。健康状態は日々注意を払って生活したいものです。
posted by mannmaa at 17:17| Comment(0) | 健康関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ガンの死亡率と生活環境


これほど化学が発展して様々なことが可能になった時代でも、人類はガン細胞を制圧できていません。

ガン化する細胞を無害化できれば病気の発生は抑える事ができます。しかし、事は単純ではなさそうです。

一方、医療の技術の進歩や道具の進歩で外科的な手術、薬などの治療も進んでいますが、100%すべて治癒できる可能性はありません。

これからも人は動物の一因として地球上で生きていくならば、まずは健康的な生活習慣を見直す事が、社会全体で考えなければならない問題かもしれません。
posted by mannmaa at 12:53| Comment(3) | 健康関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。