2012年01月21日

手取りの減少に対する個人の自己防衛

今現在増税などの話題が出ているようですが、他人事ではもちろんありません。増税される部分に関係する人はそれだけ多く税金として収入ないしは入ってきたお金から差し引かれるからです。あるいは税務署に収める必要があります。

その中でもサラリーマンはガラス張りと言われるように節税できる部分が少ない事が現状です。そうなると会社の給料の昇給が増税の額「と同じならば昇給しても収入は変化なしという事になります。

会社の給料が昇給する場合はいいのですが下手をすると昇給なしという場合もあり、その場合は結果として年収は減少という厳しい現実が待っています。

その様な状況である以上、本業がサラリーマンの場合は副業が禁止されていない環境ならば副収入を求めて行動する方が将来的にもゆとりを得られる可能性がありそうです。

副業に関して確かな情報収集の為には色々と情報を吟味したいです。初期投資が必要なものは金銭的なリスクは避けられないですし、単純な時間や労働力を投じてその見返りとして賃金を得る副業などは体に負担が生じる事もあり健康を損なうリスクがあります。

色々と選択しはありますが、限られた時間で効率的に本業以外で収益を得るという事を根本に据えて情報収集したい所です。

残業カット、賞与カット、新入社員が入社しなくなった会社は、次の段階であるリストラなどの選択肢が浮かんでくる状態です。そういった事が該当する環境の人はリスクヘッジの意味も込めて色々と選択肢を見つけておく方が賢明です。
ラベル:税金 収入 副業
posted by mannmaa at 00:21| 経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。