2010年12月01日

国民年金はどうなった?


WHO加盟192か国・地域は2005年以来、すべての人が医療サービスへアクセスできること、また医療サービスを受けたことで困窮状態に陥らないことを掲げているが「世界はどちらの点でも、国民皆保険からほど遠い」という報告書が発表されているようです。

世界で年間1億人が医療のために困窮状態に陥る一方で、財源を蓄積し、社会で広く医療費を負担することで保険制度が成功している地域・国として欧州、日本、チリ、メキシコ、ルワンダ、タイの名が挙げられたという事ですが、たしかに通常会社などに勤めていれば健康保険には加入している場合はごく自然です。

万が一健康を害したときの事を考えればこれ程安価で手厚く保証を受けられる制度が存在することに感謝しなければならないかもしれません。一方で国民年金などと同様にジリジリとそのサービスが悪化している事には危機感を抱いている人も多い事も事実です。

高齢者の負担額は増加し、一般の人々の負担割合も増加しています。少子化が進んでいる現状が根本的な問題で若い世代になればなるほど一人当たりの負担は大きくなる事は避けられないでしょう。

国民年金に関しては若い世代の人たちの中には将来もらえるかどうかわからないものにお金を支払う気になれない。あるいは収入がとても余裕がない状態でやむなく支払いを見合わせている場合も多いと言われています。

いずれにしても将来にことなので問題が表面化するのは先ですが、なんらかの理由で支払いを行ってなかった人が将来になってテレビなどで生活の困窮さと受給を懇願する姿が映し出されたりするかもしれません。色々な制度は義務を果たした人のみが受けられるように今後もさらなる改善をしてほしいものです。
posted by mannmaa at 22:24| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。