2010年02月06日

サラリーマンのサイドビジネス

10年前の30代の年収と現在の30代の年収では現在の方がかなり目減りしていると言わざるを得ません。さらに20年前と比べるとその傾向は顕著に出るかもしれません。

終身雇用、年功序列制などと言われていた頃が懐かしい気もしますが、現状ではサラリーマンの多くが苦しい生活を強いられている状況です。

それ以前に、職にありつけない、正社員として就職できていない人も割合的には増加している状況ですので贅沢を言うなという人も多いのですが。

サラリーマンの年収低下と副業率を考えると年収は確実に低下している人が多いので、副業率は増加していると考えられます。

しかも、これまでのように本業が終了してから別のところにアルバイトに行くというようなものからIT関連を駆使したものまで幅広くなっているようです。

どちらにしても経済情勢が上向くことが根本的な改善になることを期待したいものです。
posted by mannmaa at 13:49| 経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。